市では、平成26年7月に誕生した全国でも珍しい巨大ロボット型の観光PRキャラクター「4式ロボ」を平成28年8月にコンピュータグラフィック化し、県内外のイベント会場等でバーチャル・リアリティ=VR(仮想現実)による観光プロモーション事業を行ってきました。
このたび、このVRを地元でも活用し、キャラクターの普及を図ると同時に、郷土愛へと結びつけるべく、市内2か所において体験会を開催しました。

1 体験会日時・会場

(1)マルイファミリー志木:8月1日(火)、2日(水)午前10時~午後5時
(2)武蔵野銀行志木支店:8月8日(火)、9日(水)午 前 9 時~午後3時

2 4式ロボとは

21世紀の危機を救うために未来から来た巨大ロボで、動力源は水素。
カッパと志木市章がモチーフ。全高90.5mで、普段は田子山富士の地下にある格納
庫で整備されている。また、制作は、かつて志木市にアトリエを持ち、「機動戦士ガン
ダム ムーンクライシス」や「アウターガンダム」など多くのガンダムシリーズを手掛
けた漫画家で映画監督の松浦まさふみ氏。

VR映像の概要

4式ロボの大きさを生かして、足元から4式ロボの大きさを見上げたり、4式ロボ
と市内の名所である田子山富士の大きさを比較したり、4式ロボに乗って、志木市の
上空を飛ぶなど、多くの皆さんに志木市を体感し、興味を持っていただくものです。

※VR(バーチャルリアリティ)
人間の感覚器官に働きかけ、現実ではないが実質的に現実のように感じられる環境を人
工的に作り出す技術の総称。身体に装着する機器や、コンピュータにより合成した映
像・音響などの効果により、3次元空間内への没入感を生じさせるものです。

問合せ

志木市観光協会事務局(産業観光課内)

〒353-8501 志木市中宗岡1-1-1
048-473-1111(内線2164)